プロジェクター⇔プレーヤー ホームシアターの配線と接続

つまりは、映像ケーブルの接続のことです。映像ケーブルといってもいろいろな種類があるのでご注意を★

まずは何で接続するのかを決めよう

プロジェクターとプレーヤーをつなぐ映像ケーブルは、以外と種類があります。現在流行っているのが、HDMIケーブルなのですが、映像ケーブルをあまり知らないという方はこちらもご覧になってください。

さて、ケーブルを知ったところで、接続の話にはります。

プロジェクター⇔プレーヤーの接続

プロジェクターの裏は、こんなになってます。これは私が保有しております「VPL-HS20」の映像です。

プロジェクターの裏側 その1

初めてプロジェクターの裏側を見た方は、端子が多すぎるとびっくりするでしょう。しかし安心してください。場合にもよりますが、プロジェクターにつなぐケーブルは、映像ケーブル1本と電源ケーブル1本の合計2本だけでいいんです。

どれがどの端子かというと、以下の通りです。HDMIとかコンポーネントが映像ケーブルのことです。

プロジェクターの裏側 その2

プロジェクターの接続はというと、すごく簡単です。コネクタにケーブルを差し込むだけ。参考にHDMIケーブルを差し込んでみました。ほんとに挿すだけで簡単です。

プロジェクターにケーブルを接続する

プレーヤー側についても、これと似たようなものですので、プレーヤーのアウト(出力)に映像ケーブルを挿してプロジェクターとつなげたら接続完了です。

接続については、わかっていただけたと思いますが、次は配線です。実際の手順はというと「配線」→「接続」となります。これ説明の仕方が逆になってしまいましたね(笑)

プロジェクター⇔プレーヤーの配線

プロジェクターとプレーヤーは、場所が離れていることがとても多いので、事前に配管をしておくときれいに仕上がります。

このときの配管で気をつけるのが、配管するためのパイプの太さです。「プロジェクター⇔プレーヤーの配線」で使うケーブルは、頭が大きいものが多いので、パイプが太いとまず通りません。

HDMI、D端子は特に大きいので、ここは38φ以上のパイプを使用されることをオススメします。

ちなみにこちらが、私の部屋の配管状況です。

配管さえすれば、最後にケーブルをするする〜って感じで、ケーブルを通すだけです。ちなみにですが配管をしてもらったら、中にケーブルを引っ張るための線(バインド線)をあらかじめ通しておいてもらうといいでしょう。

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google