フルハイビジョンとハイビジョン対応

フルハイビジョンとはいったい何なのでしょう。私も最初はそう思いました。今回はこの謎を探ります。

フルハイビジョンとハイビジョン対応の違い

やはり、フルハイビジョンとハイビジョン対応には違いがあるそうです。それぞれどういったものなのか調べてみました。

フルハイビジョンとは

またの名をフルHD(1080P)と呼びます。(そんな事どうでもいいか…)

映像ってのは、ちっちゃなドットが塊になって1つ絵になっているんです。

現在のハイビジョン放送は、1920×1080(横×縦)となってます。フルハイビジョンも同じく1920×1080(横×縦)となっています。つまりダウンコンバートさせずフル(サイズ)で映せるって事ですねー

フルハイビジョン

つまりきめ細やかな映像を再現できます。

ハイビジョン対応とは

またの名を720pと呼びます。(そんな事どうでもいいか…)

ハイビジョン対応っていうと、だいたい1280×720の事をいいます。

ハイビジョン対応

数字を見るとわかりますよね。フルハイビジョンとハイビジョン対応ではドットの数が全然違います。フルハイビジョンの方が断然多いです。

しかし、ハイビジョン対応の映像が荒いというわけでもありません。フルハイビジョンと比べるともちろんフルハイビジョンに軍配があがりますがハイビジョン対応のものだって十分に細かな映像を映してくれます。

今回は適当に、フルハイビジョン対応のプロジェクターと、ハイビジョン対応のプロジェクターをリストアップしてみました。

フルハイビジョンプロジェクター

ハイビジョン対応と比べると値がちょっと張ります。

ハイビジョン対応プロジェクター

こちらは、フルハイビジョンと比べると、ちょっと安いです。

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google