コピーワンスについて

最近というか近年DVDの不正コピーって流行ってますよね。そんなわけでデジタル放送には、コピー防止に何か仕掛けがあるらしいっすよ。

テレビ放送に「コピーワンス」という信号が混ざってる?

最近のテレビ放送には、この「コピーワンス」という意味のわからん信号が混ざっているみたいです。

最近のテレビ放送といっても、地上デジタル放送(地デジ)やBSデジタル放送というデジタル放送の事です。今もまだあるアナログ放送には「コピーワンス」の信号は混ざってないのでご安心ください。

この「コピーワンス」とは何かというと、録画した番組をダビング(複製)できなくしてしまうという信号です。

なぜ「コピーワンス」が作られたのかは知りませんが「不法なコピーを禁止しよう」ってな感じで作られたのかなぁって思います。デジタルは、いくらダビングしても画質が落ちないからいいのに、「コピーワンス」って余計なものですね〜

コピーワンスとは

「コピーワンス」をもう少し詳しくお話しします。「コピーワンス」を少し言い換えると「一回だけ録画可能」みたいな意味になると思います。

例えば、デジタル放送をHDDに録画します。これは一回だけの録画になるので問題なく録画する事ができるでしょう。

HDDからDVDにコピーできない

さてこれを、DVDに残しておきたいからDVDに録画したいというときにどういう作業をするかというと「コピーワンス」がかかっているので「HDD」→「DVD」にコピーする事ができません。

ムーブを使う

そこでコピーの代わりにムーブという機能を使います。このムーブという機能を使うと録画した番組が「HDD」→「DVD」に移動(ムーブ)します。ムーブをするとHDDから録画した番組が消去されてDVDに移動するというわけです。ん〜ややこしいですね。。。

最近のDVDレコーダーは、ちゃんとムーブという機能があるのですが、少し前のDVDレコーダーの中にはムーブという機能がない機種もあるのでご注意ください。

注意ポイント

もう一つお話ししなくちゃいけないことがあって「コピーワンス」がかかった番組をDVDに録画・ムーブをするときは「DVD-RW」もしくは「DVD-RAM」を使わないと録画できません。

上の「録画用DVDの種類について」の中でも説明がありますが「DVD-RW」と「DVD-RAM」にはデジタル放送を録画してもいいという許可みたいなのが与えられているみたいです。

一部「DVD-R」にも許可が与えられているものがあるのですが生産数が少ないせいか普通の「DVD-R」に比べると値段が割高で「DVD-RW」とあまり価格が変わらないです。

ここまで読むと「コピーワンス」と「どのDVDに録画できるのか」が何となくわかってきたと思いますが、この録画したDVDを他の場所で再生するときは、また決まりごとがあり、再生できたり再生できなかったりします。

それが「CPRM」ってやつです。ちょっと疲れたんで「CPRM」はまた今度

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google