ケーブル類はとにかく隠すべし

「頭隠して尻隠さず」…………って言ってみたかっただけです。今回は、部屋をきれいに見せる話。隠せれるものはすべて隠しましょうってのが、私の考えっす。

どうせならキレイに作ろう

どうせホームシアターを作るなら、すっきりとしたきれいに仕上げれた方がいいはず。すっきりしている部屋とすっきりしていない部屋の2つを比べてみると、すっきりしている部屋とすっきりしていない部屋には、違いがあります。

すっきりしていない部屋のだいたいがコレです→「ケーブルがむき出し」

接続例

普通、ホームシアターを組もうとすると、以下のような接続が必要です。

ホームシアターの配線

AVアンプ ⇔ プレーヤー

プロジェクター ⇔ プレーヤー

6本のスピーカー ⇔ AVアンプ

ケーブルを通す準備をしていなくても「AVアンプ ⇔ プレーヤー」は特に問題はないでしょう。接続をしても機械などに隠れるので見えることはほぼありません。

以下、それぞれの接続と配線説明です。

何が問題になるのかというと↓

後ろにある三つが特に準備が必要

問題になるのが、後ろにあるサラウンドスピーカーとプロジェクターです。こればかりは、何の準備もしておかなかったら、部屋中がケーブルだらけって感じになる可能性が大です!

これらは、できるかぎり壁の中、天井の裏に配線できるようにもっていった方がいいです。こうする事でケーブルが見えずにきれいに配線する事ができます。

具体的には、DVDプレーヤーの後ろの壁裏を伝ってきて、そして天井裏を通ってプロジェクターのすぐ裏からケーブルがでるようにしたり、サラウンドスピーカーについては、AVアンプの後ろから壁裏を通ってきて、サラウンドスピーカーのすぐ近くから出るようにしてやったりしないといけませんね。

こういう風にするためには、工事をする段階でプロジェクターの位置やサラウンドスピーカーの位置を決めておかないといかんので、位置の事もよく考えておきましょう。

パイプを入れておくと更によし

あと、ケーブルを簡単に入れ替えできるように、ケーブルの配線には壁裏、天井裏にパイプを通しておくと便利です。こうするとネズミなんかにもケーブルがかじられませんしね。

ホームシアターケーブルを壁裏に配線するため、パイプを通した例です↓

プレイヤー側の配線準備

プロジェクター側の配線準備

こんな感じで配管するんですねーこちらのページには、実際に私の部屋で配管したレポートもあるのでよろしければどうぞ

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google