録画モードって?

HDD内蔵DVDレコーダーといったら、録画っす!録画してなんぼです!そしたら録画モードってやつがあるじゃありませんか。アホじゃないのでなんとなく想像はつくけどねー

録画モードって何?

HDD内蔵DVDレコーダーも買ったし、録画予約してみようかな♪と思って予約画面に行ってみると録画モードと書かれている横に「EP」「LP」などの意味の分からない英語が出てくるではないですか!?これはいったい何なのでしょう?

こいつの正体は、同じ容量でどのくらいの時間、録画ができるのかを決めるモードです。といっても意味がわからないですね。

ビデオ時代にも録画モードがあった!?

では、今も使っている方も多いと思いますがビデオテープの話をしましょう。ビデオでも録画モードがあったのは、ご存知でしょうか。

ビデオにも、たしか「標準録画モード」と「3倍録画モード」の2種類があったと思います。「標準録画モード」だと2時間しかとれなかったのに、「3倍録画モード」にすると、3倍の6時間もとれてしまうという便利なモードですね。

しかし「3倍録画モード」は、最高ってわけでもなかったですよね。何のリスクもなしに3倍録画できてしまうなんていう、うまい話あるわけありません。3倍録画モード」をした事ある人は、わかると思いますが、画質がわるくなりましたよね。輪郭がぼやけていたりなどです。

HDD内蔵DVDレコーダーも同じ事が言える

これと同じ事が「HDD内蔵DVDレコーダー」にも起きてるんですね。ただ「HDD内蔵DVDレコーダー」の場合は、標準とか3倍とかではなくもっと細かく分ける事ができます。

使う機種によって、略称の名前が違ったりするのですが、私のシャープのレコーダーを参考に。

シャープの場合

(カッコの中は、250GBあたりの録画可能時間)

○HD = ハイビジョン(約20時間)

○XP = 高画質(約60時間)

○SP = S-VHS画質(約100時間)

○LP = VHS[標準モード]画質(約200時間)

○EP = VHS[3倍モード]画質(約400時間)

細かくは、もう少しあるのですが、だいたいこんな感じです。5種類もありますよね。これらをうまく使って、決められたHDDの中に番組を効率よく保存する事ができます。

ご覧の通り、録画モードによって録画時間が全然違ってきます。全部が全部をHDモードで録画していたらすぐに容量がいっぱいになってしまいますよね。いっぱい録画をする場合は、使い分けが非常に大切です。

私の場合の使い方

私の場合、見たら消すの繰り返しなので、HDDに多くの番組がたまるって事はほとんどありません。とりあえずWOWOWの映画をよく録画しているのですが、ここは映像にこだわりたいので、いつも「HD」モードで録画しています。これで7本くらいも録画しておくとそれだけで、けっこう容量を使っています。

その他にも、アニメを一つと、バラエティーを2つを毎週定期的に録画するように設定しているのですが、これもHDだと、容量がなくなってしまうのでこれらは、「LP」モードで録画しています。バラエティーなんかは、どうしてもハイビジョンで見たいって事もないので、妥協といえば妥協なのですが、ちょっとくらい画質がわるくたっていいやって事でこうなっています。

このように、ハイビジョンで見たい番組を、ハイビジョンじゃなくてもいい番組を分けておくと、少ないHDDの容量でもうまく使っていくことができます。

容量が大きくて、余裕があるんでしたら、バラエティーでも何でもすべて「HD」モードで録画すればいいんですけどね。

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google