リビングシアターを作る その1

最近流行っているのが、リビング+キッチン+ホームシアターです。これをリビングシアターって呼ぶんですね。やはりリビングというと家族の集まる場所。つまり家族みんなでホームシアターを楽しみたいという親心というわけですな♪

リビングシアターに何を求めるか

リビングシアターなので、私のホームシアター小屋のような自由は許されません!だってリビングは「家族の憩いの場」なのですから。

やはり家族にとっても使いやすく、ホームシアターも楽しめるというのがリビングシアターだと私は思います。

これから紹介する5ポイントさえ守れば、機能的なリビングシアターができる(かも)でしょう。

リビングシアターには、何が求められるのか

さてリビングシアターには、どういう事が必要なのか私なりに考えてみました。

テレビが必要

毎朝見る、ニュースなどもホームシアターで見るようになっては、準備するまでに時間がかかって効率のよい使い方とは言えないでしょう。

テレビは、簡単に電源のオンとオフができるので、やはりリビングシアターには、テレビが必須と言えるでしょう。

スクリーン垂れっぱなしはNG

これは、見た目の問題です。スクリーンって大きいものですからリビングにずっと出ていると圧迫感を覚えるでしょう。

その他にも、キッチンの油が飛んで汚れるなどの事もあるので片付けは必要だと思います。

基本的には2wayシステム

リビングシアターは「2way」に限りますねー「2way」とは以下の図のような事です。

リビングシアター 2way

2wayについては、こちらも参照ください→「専用それとも兼用」

2wayにすると、コンパクトに収まるので、ムダに広いリビングでなければこの2wayがいいっすよ。

スクリーンなども置けるような広い壁面

「2way」をでホームシアターを置くと考えると、窓の前はNGです。そんな事をすると窓が隠れてしまいますね。

ここは、窓のないような広い壁面にテレビとスクリーンを設置するのが一番いいと考えられます。

だってそうした方が、楽にきれいにできますから

十分な投射距離がある

うまくしないと、投射距離がたらず、スクリーンサイズが小さくなってしまいます。

投射距離で泣きをみないよう、希望のサイズが映せる投射距離を取れるように配置を考えよう。

次回は、リビングシアターの形だにゃ

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google