5.1chサラウンドって何?

5.1chサラウンドって聞くとあれですねーなんかハイテクな響きですねーでもいったい何なんでしょうねー

5.1chサラウンドを調べる

ホームシアターをはじめようかなっと調べものをすると、必ず耳にします。それが「5.1chサラウンド」です。これって一体何者なのでしょう。

そう今回のレポートは「5.1chサラウンドって何だろう」です。さてさてエジソン田中のレポートをご覧ください。

サラウンドとは

まずは、サラウンド(surround)の意味を辞書をひいて調べてみました。

以下、辞書引き結果です。

〜を囲む

周囲を取り囲む

そうです。サラウンドとは、サウンドと似てますが全然違いますね。サラウンドには取り囲むという意味があるようです。つまりは、音で囲まれてしまうというわけなんでしょう。

もうちょっというと、5.1chサラウンド5.1chで囲まれるというような意味ではないでしょうか。

サラウンドの意味がわかったら次は「5.1ch」の意味ですね。

5.1chとは

「5.1ch」とは、スピーカーの数の事です。5つのスピーカーと1つのサブウーファーからなっています。実はサブウーファーを「0・1」として数えます。というのは、サブウーファーは低音のみしか再生できないので、そういう事もあって「0・1」と数えるわけです。

たとえば、このボーズのスピーカーを数えてみましょうか。小さいスピーカーがが五つと、置くに見えるでかい黒い箱がサブウーファーです。これで5.1chというわけですね。

この五つのスピーカーと一つのサブウーファーに囲まれることで、映画の音がグルグル回るというわけです。映画館などに行くと、音が後ろから聞こえてきたりぐるぐる回っていますよね。「5.1ch」は、まさにその事なんです。

「5.1ch」にすれば、映画館のように立体感のある音を楽しめてしまうという優れものなんですね。こういうものが今では手軽な値段でも販売されるようになったので、ほんとにいい時代に生まれました(笑)

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google