アナログ放送とデジタル放送の違い

世の中はアナログからデジタルへ移行しています。ついにテレビにもそういう時代がやってきました。

アナログ放送とデジタル放送に違いはあるのか?

最近だとよく耳にしますね、デジタル放送やらアナログ放送やらですね。気になってしまったのでいったい全体何が違うのかレポートでございます。

地上アナログ放送

もうデジタルにしている方もいると思いますが、これが従来の放送です。2011年には、アナログ放送が終わってしまうという事になっているのでデジタル放送を見れる環境にしておかないとテレビの視聴ができなくなってしまいます。

特長についてですが、電波が弱いとノイズや雑音が入りやすいです。通常のテレビ放送ではそんな事ないと思いますが、カーナビに付属されているテレビの機能を使うとよくわかるのではないでしょうか。カーナビの多くはアナログ放送用のものなので、私のもそうですがきれいとは言いにくいですね。あと音声がステレオで2chですので5.1chの音声は出てきません。

地上デジタル放送

ハイビジョン画質と5.1chサラウンドも楽しめる、とってもグッドな放送です。電波が一定以上あればきれいな映像を楽しむことができ、アナログ放送に比べるととてもノイズに強いです。デジタル放送の場合、ノイズというかブロックノイズというらしく、豪雨などにより一時的に電波が弱い状態になると画面上に四角のブロック状のノイズが発生する事があります。もしくはまったく映らなかったりですね。

デジタル放送は、「きれいに映る」か「まったく映らない」の2パターンにわかれやすいです。ちょっとわるい事ばかり書いてますが地上デジタル放送の方が映像品位もよく音質もよくある程度電波が弱くても大丈夫なので地上デジタル放送の方が、まちがいなくいいですね!

またデジタル放送の中に別の信号も混ざっていて、ボタン一つで一週間の番組表が見れたり、お天気情報や今、放送されている番組の説明などいろんな情報が見れてしまいます。

ちなみに地上デジタル放送をみるには、デジタル用のチューナーが必要なので、地上デジタルに対応したテレビを買うかデジタルチューナーが内蔵されているDVDレコーダーを買う必要があります。

まとめ

やっぱり新しい地上デジタル放送は、アナログ放送と比べるといいことばかりです。高画質、高音質、録画しても画質が悪くならないしそれをDVDなどに録画しても画質が悪くならないなどとてもいいですね。

アナログ放送の時に、カーナビの話をしましたがこれをデジタル放送対応のものにするだけで、ノイズや雑音はかなり減るでしょうね。2年くらい前にカーナビを買ったのですが、それがアナログ放送用のものだったのでちょっと後悔です。。。

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google