ホームシアターの音漏れには気をつけよう

日本は狭い。私の心は広い。心は広くても私の土地は広くない。隣とも近い。そしたら音漏れが気になる。どうなんだろう。

お隣さんへの音漏れが気になる場合

防音設備が整っているのであれば大丈夫ですが、マンション、アパート暮らしとかだとどうしてもお隣さんへの音漏れが気になりますよね。というか気にしないといけません。ご近所間での争いに発展しかねないからです。

一つの方法に防音工事というのがありますが、これは何十万〜何百万もかかったりするのであまり現実的な方法ではないですよね。やはり一番のポイントは音量、次にご近所さんへの対応です。

ご近所さんへの対応について

最初にご近所さんへの対応についてですが、一言いっておいた方がいいですね。例えばこんな一言くらいはいっておきたいですね。

「最近ホームシアターを購入したんですけど、音が漏れる事があるかもしれないんですよね。うるさいようでしたら、一言いってください。音量小さくしますので」

こういうような事を一言いっておくだけで、ずいぶんと違いは出ます。ホームシアターをするのであればご近所さんに一言いっておきましょう。

音量について

これが一番のポイントです。音量が大きければ大きいほどご近所さんに迷惑になります。音量はほどほどにしないといけません。

しかし同じ音量でも、工夫次第ではご近所さんに迷惑になりにくい方法もあります。それがAVアンプの機能の一つにある「ナイトモード」です。このモードは突然の大音量の爆発音の音などを抑えてくれる役割をもっていて、音が通りやすい低音の音も抑えるので、このモードにしておくとご近所さんの迷惑になりにくいというわけです。防音があまりされてないマンション、アパートだったらこのモードを使うといいでしょう。

ちなみにこの「ナイトモード」という機能はほとんどのAVアンプについてます。

サラウンドヘッドフォン

音を楽しむには、スピーカーがすべてというわけではなくて、ヘッドフォンという方法もあります。最近だとホームシアター用のサラウンドヘッドフォンというものが販売されています。

サラウンドヘッドフォン

これなら、どれだけ大音量で楽しんでも近所迷惑になる事は一切ないです。そして有線ではなく無線なので線がごちゃごちゃする事もないです。

ホームシアター用という事で、なんと5.1chにも対応しています。以前に視聴したことがあるのですが、驚きました。後ろから音が聞こえたり前から音が聞こえたり、音がグルグルと回りかなりのものです。夜中も大音量で楽しみたいという場合には、このサラウンドヘッドフォンはおススメです。これだとスピーカーを用意する必要がなくなるので予算もかなり削減できます。

現在のサラウンドヘッドホンについて調べてみたので興味あれば以下もご覧ください。

ちなみに将来の私の夢は、地下室ホームシアターです。これなら音漏れの心配もほとんどないからいいんですが、お金がねー

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google