昼間でも真っ暗にしたい

私の壮大な計画の一つ→「闇を作り出す」。。。そう、私の部屋には闇が必要なのだ。昼間ですら闇が欲しい。欲しい。欲しい…

お昼でもホームシアターを楽しみたい

ホームシアターを夜楽しむのもいいけど、お昼に見たいって時もありますよね〜でもお昼の明るい時間に、プロジェクターで映像を映したってメリハリのないぼやけた映像が映るだけです。

ホームシアターの画質アップで一番効果があるのは、やはり部屋の暗さです。部屋が暗ければ暗いほど映像がきれいに映ります。やはり「昼間でも真っ暗な部屋ができる」これが一番効果があるでしょう!

部屋を暗くする工夫

どこから、光が入ってくるのかというと、やはり窓から入ってきますよね。窓だらけの部屋だと遮光が大変ですが、私の部屋はドアは、たくさんあるものの、窓は一箇所だけです。

赤いのがドア青いのが窓です↓

ホームシアター小屋に暗幕をつける

この窓をどうするかというと、やはりここは暗幕です!暗幕といってもいろいろあるみたいです。カーテンだったりロールスクリーンだったりですね。でもこの暗幕はちょっとこだわりたいです。

理由としては、完璧な暗室を作りたいからです。カーテンだと隙間ができてその間から光が漏れてきてしまいますし、ロールカーテンも同様です。いろいろ探して見たらなかなか面白いものがありました。

電動暗幕

そう電動暗幕です。ちょうどシアターハウス製のスクリーンも持っているので同じリモコンで操作できるみたいです。左右にフレームを入れる事で完璧に光を遮断できるらしいですね。

ただ問題なのがちょっと値段が高めな事です…でも買っちゃうでしょうけどね(笑)これで窓の方はオッケーです。

ドアにも注意

よ〜く考えるとドアにも注意が必要でした。どんなドアでもいいってわけじゃないです。よくドアにもガラスが付いているやつがありますよね。それだと奥の部屋の光が入ってきてしまうのでアウトです。ですので、ガラスがついてないやつを導入すべきでしょうね。

こうやって、暗室を作る事を考えてみると、一番のポイントはやはり「窓が少ない」事でしょうね。窓が多いとそれだけ光が入ってくるので、暗室作りもお金がかかるし大変です。

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google