ソニーのブルーレイ再生機PS3の画質&ノイズチェック

私の持っているPS3がブルーレイレコーダー(BDZ-RX50)と比べてブルーレイの再生画質がどう変わるのか非常に気になってきた。今回映画で重要となる黒の表現、つまりノイズ感についてチェックしてみる事にした。

ブルーレイ画質チェックの機材とソフト

今回のブルーレイ画質チェックには下記の製品を使用しました。

▼42Z9000(regza) 約15万円

▼PS3 40GB(sony) 最新のものは約3万円

▼BDZ-RX50(sony) 約9万円

▼HiVi CAST (ブルーレイ版) 約9000円
HiVi CAST

最近、購入したソニーのブルーレイレコーダーのBDZ-RX50には頑張って欲しいところですが、安価なブルーレイプレーヤーとしてのPS3の画質はいかなるものか。

PS3とBDZ-RX50の暗部でのノイズチェック

ノイズが多そうな映像を探したらありました。これでPS3のノイズ感を調査できます。まず一枚目はこの東京タワーの画像を使いました。

画質チェック 東京タワー

違いがわかりやすいように、画像の上にマウスをおくと『PS3⇔BDZ-RX50』となるようにしました。

東京タワーでの画質チェック

PS3の方が若干ですが暗部でのノイズが少ないように見えますね。うーんけっこう微妙な映像の差です。BDZ-RX50くらいではPS3と比べて画質にあまり差がでてこないのでしょうか。

一番の違いは、クッキリ感ですかね。どっちがいいとは言えませんが、BDZ-RX50の方がライトらしきものの下の影まで表現できており、若干シャープな感じ。ちょっとだけ立体的に見える感じはします。

では次は、暗い場所にある白のノイズチェック。先程よりカラー系のノイズが入りやすくなる映像ではどういった差がでるでしょうか。今回は下記の障子が見えるシーンで画質チェックを行いました。

画質チェック 障子のシーン

今回も先程同様に画像の上にマウスをおくと『PS3⇔BDZ-RX50』となるようにしました。

障子での画質チェック

PS3の方がカラーノイズが少ない感じですね。全体的にノイズ量という事ではPS3の方が画質がいい。しかし写真の左側に見える紅葉の様子を見ると、BDZ-RX50の方がきれいに陰影を描いており色の感じもよく出ており立体的に見える。

うーん、どっちもいいとこわるいとこがあって優劣つけれないです。まっ両方とも優秀って事で(笑)

PS3のブルーレイ再生画質について

現在の新型PS3だと3万円をきるブルーレイ再生機。今回の実験からするとそれなりにいい感じ。コストパフォーマンスは間違いなく最強でしょう。

以前『PS3のDVDアップスケーリング能力を検証』にてPS3の画質チェックを行った事があったのですが、やはり価格のわりに画質はよかった。これからホームシアターなどをするには是非とも持っておきたい一台かもしれません。

スポンサードリンク

使い方と検証

カテゴリー

シアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターをの基本

ホームシアターその後

個人的に運営しているHP


カスタム検索