ホームシアターに最適な楽手リモコン

ホームシアターをするとリモコンが多くなりすぎて困ってません??。プロジェクターとかAVアンプだとかそれぞれにリモコンがあるからもう大変です。そういう時に便利なのが『学習リモコン』ってやつ。今回は最近手に入れたソニーの学習リモコン『RM-PLZ510D』を紹介します。

デザインがかっこいい学習リモコン

前から気になっていたSonyの学習リモコン『RM-PLZ510D』を手に入れました。

RM-PLZ510D

写真、左側にある赤いやつが学習リモコンです。普通リモコンっていうと黒が定番だがそれを赤や青などのカラーバリエーションがあるとこがまたいい。

箱から学習リモコンを取り出す

箱から学習リモコン『RM-PLZ510D』を取り出してみた。表面はマットな仕上がりでなかなかいい。

学習リモコン裏面

赤がかっこいいというか、このデザインのかっこよさがこの学習リモコンを選んだ一番の理由だったりして(笑)。

リモコンって普通表を向いて置いておくものだけどソニーのこの学習リモコンは、このように裏を向けて置けるようになっている。リモコンの表面をみるとリモコンの上下がでっぱっていて裏を向けておいても、リモコンのボタンが押される心配はない。

レコーダー向けのボタン配置

普通の学習リモコンだと、最近のレコーダーには必ずある『青・赤・緑・黄』のボタンがありません。だからそれを無理やりどこかのボタンに覚えさせなければならない。しかしソニーの学習リモコン『RM-PLZ510D』は、そのあたりの気づかいもばっちり。

レコーダーに特化した学習リモコン

ばっちり色のついたボタンが配置されている。あとDVDレコーダーとかでよく使う番組表などもちゃんと表示されているのも好印象。

現代の学習リモコンでは必須だと思われているものが、いままでついていなかった。それはかなり疑問だけどソニーさんで対応してくれてマジに感謝。

ホームシアター機器を選べる

最近のデジタルテレビを意識した、すばらしいボタン配置です。チャンネルはもちろんですが『アナログ』『デジタル』を選べるところがGoodです。

たとえば、テレビの電源をつけるといった場合には、下記のような手順です。

  • 学習リモコン操作方法
  • テレビボタンを押す
  • 電源ボタンを押す(←これでテレビの電源がON)

さらに、学習リモコンって事だから使う前に、学習リモコンに信号を記憶させないといけません。その方法も意外に簡単です。ではテレビの電源ボタンの学習方法です。

  • 学習リモコンの信号記憶方法
  • 学習リモコンの左上にあるSETボタンを3秒長押し
  • 学習リモコンのテレビボタンを押し、電源ボタンを押す
  • 学習リモコンに向かってテレビのリモコンを向け電源ボタンを押す(完了)

とてもシンプル、そして感度もよくさくさく記憶してくれます。10分もあれば全部のリモコンを覚えさせる事ができるでしょう。ちなみに私のとこでは下記の機器を覚えさせました。

  • 学習リモコンに覚えさせた機器
  • プロジェクター
  • スクリーン
  • テレビ
  • DVDレコーダー
  • AVアンプ
  • 部屋の照明

どれも何の不具合もなく覚えてくれたので、10分くらいですべて完了ですっ!

学習リモコンに覚えさせるときの工夫

ホームシアターで使う場合を考えると、映画を見るときって軸はDVDレコーダーになるでしょう。

音量をかえるときに、アンプボタンを押して操作もいいのですが、これをDVDレコーダー側で調整できるようにしておくとチャンネル変更の手間がはぶけとても簡単です。

そのほかにも、電源の入り切りしか使わないプロジェクターだったりも、どこかにまとめてしまうとより楽チンですね。

リモコン全体写真

リモコン全体はこういう配列になってます。工夫次第ではものすごい便利に使えるようになるんで、ボタンを記憶させる時はよく考えて記憶させましょう。

あともう一点よかった点があって、それが赤外線電波の強さです。とても信号が強いみたいでちょっとくらい別の方向向いていても問題ありません。これって意外にいい!!

スポンサードリンク

使い方と検証

カテゴリー

シアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターをの基本

ホームシアターその後

個人的に運営しているHP


カスタム検索