プロジェクターってこういうものです

ホームシアターには、プロジェクターが必要不可欠でっす。プロジェクターって簡単にいうと映像を映す機械の事です。

プロジェクターとは映像である

プロジェクターというと昔は非常に高価なもので、私のような貧乏人(苦笑)が手を出せるものではなかったのですが・・・最近はむちゃくちゃ値崩れを起こし安いもので10万円を切るようなプロジェクターも数多くでてきました。いい時代になったものです。

ホームシアターにはどんなプロジェクターがオススメ?

プロジェクターによって、画質などが変わってきます。いま話題のフルハイビジョンのものだったり、倍速対応のものだったり様々です。とりあえず価格ランク別に紹介します。

低価格プロジェクター

最近、個人的にコストパフォーマンス最強だと思うのが下記の「LVP-HC5500」かなぁーなんて思ったりします。

LVP-HC5500

なんとフルハイビジョン対応で、15万円をきるお値段です!!コストパフォーマンスがマジにサイキョーでございます。こんだけ安いと、ついつい値段に吊られて買ってしまいそう。だだ設置製にちょっと難があり他のプロジェクターよりはレンズシフトなどの範囲が狭いのでその部分だけ注意っすね。設置環境さえあえば購入して問題なしっす。

そして、同じくらいコストパフォーマンスがいいと思うのが、この「LVP-HC1100」です。
LVP-HC1100

先ほどのLVP-HC5500と違い、フルハイビジョン対応でないものの価格にして10万円を切り、お店によっては9万円を切ってしまうという非常に購入しやすいプロジェクター君です。こちらも設置性に少し難ありですが、設置環境さえあえばこのプロジェクターの選択もオススメです。

中価格プロジェクター

私が持っているからってわけじゃないんですよー(笑)。中価格帯プロジェクターで一番にオススメしたいのは、ビクターの「DLA-HD350」です。
▼DLA-HD350

値段は30万円台の半ばと、少々高い(←けっこう高い)いんですけど、いいんです。ちょっと雑な表現ですが画質がすんばらしいです!!いろいろと私の元で「DLA-HD350の画質比較」を行いましたが、どれをとってもすばらしい結果を残しております。

誉めてばかりだと、関係者かー!(笑)なんて思われそうなんで、少々悪口もいうとすると、最初の初期設定は、少々映像が派手になっております。人の肌色とか強調されすぎて赤っぽい感じになっているので気になる方は少し色温度を下げた方がいいかもですね。派手な絵が好きな方は(←私の事)デフォルトのままでもよろしいかと。

さてDLA-HD350の話はそろそろやめといて、、もう1つ中価格プロジェクターを紹介すると「LVP-HC7000」なんではないでしょうか。
▼LVP-HC7000

価格にして20万円後半で、まだ買いやすいのでは。。こちらのプロジェクターは、秋葉原のAVACにて視聴してきたわけですがっこれがまたよかったんすよ。透過型液晶のくせして黒浮きがよく沈んでいて、黒以外にも白が白く表現され混ざりっけがないピュアなイメージがあります。最近の液晶プロジェクターは正直あなどれません。

ホームシアターに向かないプロジェクター

実はプロジェクターにも何用のプロジェクターかというものがございまして、大きくわけてホームシアター用とビジネス用の二種類があります。

もちろんホームシアターをするんだったらホームシアター用がオススメです。ビジネス用は一般的にデータプロジェクターと呼ばれ、ホームシアター用で使えない事はございません。ただビジネス用に特化しており、画質というより、明るい環境でもきれいに映せるっていう物が多いです。

というか、画質面ではホームシアター用の方が、いいのでホームシアターをするんだったらホームシアター用のプロジェクターがオススメっす。

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google