ホームシアターケーブルの配線のための準備作業

部屋の中をケーブル祭りにしたくなーい!!という事でホームシアターケーブル配線の準備作業は、入念に行ったつもり。エジソン田中の配線は、間違いないはず…なのですが、なーんか忘れてる事があるような、ないような、つまり自信がないっす。

ケーブル配線の準備作業をしましょう

家が建ってから、プロジェクターは変える事ができますが、ケーブルの壁裏隠蔽は、とっても大変です。つまり家が建つ前にケーブルの隠蔽の準備だけはしておくとグッドです。

壁裏にケーブルを配線するに当たって、どんなケーブルを配線しておくか考えておかなくちゃいけない。

ホームシアター小屋には、これを埋め込む

エジソン田中の秘密基地は、こんなケーブルを壁裏配線するつもりです。

HDMIケーブル (プロジェクター⇔プレーヤー)

コンポーネント⇔D端子ケーブル (プロジェクター⇔Wii)

サラウンド用のスピーカーケーブル (AVアンプ⇔サラウンドスピーカー)

ランケーブル (プレーヤー⇔パソコン)

パイプを埋め込む

こちらが、プレーヤー側の配線準備です。ケーブルを直接埋め込むという方法もありですが、それだとケーブルが断線した場合や、ケーブルを変えたいときに簡単にはいかないのでパイプで通すようにしました。

プレイヤー側の配線準備

左から順に、スピーカーケーブル用、ランケーブル用、プロジェクターケーブル用となってます。プロジェクターケーブルは、太いものを入れるのでかなり大きいパイプを使用しました。

↓の写真は、ちょうどパソコンをおく壁の裏になりますかね。ここからパイプを立ち上げてます。

プロジェクター側の配線準備

通常は、屋根裏配線するものなのですが、それだとプロジェクターケーブルの長さが足りなくなってしまうので、床下配線でなんとかプロジェクターケーブルを10mまでに収まめる事に成功

実際、壁裏を見てみるとケーブルでごっちゃごちゃですねー。これが表に出ていたらゾッとします。壁裏に配線しておいてよかったっす!

配線作業の準備作業は、とりあえずこんな感じです。現在もちゃくちゃくと作業は進んでいるので、もう来週中にはほぼ完成らしい

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google