DLA-HD350と旧プロジェクターの画質決戦

5年ほど前に購入したプロジェクターとの画質比較テストです。購入当時の価格で比較するとほとんど同じですが、この5年の間にどのくらいプロジェクターの性能は上がったのでしょうか。

DLA-HD350の画質比較にあたって

プロジェクターの画質比較にあたって、それぞれ映像モードにもかなーりの違いがあるんでとりあえず、DVD版のHiVi CASTという映像調整用のディスクで両者とも調整してみました。まぁ調整下手なんで正確には合わせることができなかったでしょうけど(笑)

今回の画質比較は以下の2種類のブルーレイディスクを使ってみる事にしました。さてDLA-HD350と画質さの変化はあるのでしょうかっ!!
▼HiVi CAST (ブルーレイ版)
HiVi CAST

▼バーティカルリミット (ブルーレイ版)
バーティカルリミット

▼使用プロジェクター DLA-HD350とVPL-HS20

DLA-HD350の黒の表現力を比較する

いろいろ比較してみたい部分があるのですが、まず最初にDLA-HD350の黒の表現力を比較してみます。VPL-HS20は昔の液晶プロジェクターなので、今のものに比べるとけっこう黒浮きするかもです。さていったいどうなるのでしょう。

DLA-HD350とVPL-HS20の比較画像

マウスを乗せる前がDLA-HD350でマウスを乗せるとVPL-HS20です

VPL-HS20は、私のお気に入りだったんですが、けっこう差がでてしまいましたね。というのもVPL-HS20は使用時間が700時間になっているので、液晶の劣化もあるんでしょう。

ぱっと見た感じ、DLA-HD350の黒の表現が美しいですよね。きれいな黒がでています。やはり昔のプロジェクターは黒が浮いてしまって、その分映りがちょっとわるく見えるます。しかし黒の沈みはいまいちでも、黒部分の階調は以外と健闘してますね。DLA-HD350に比べると差がありますが、VPL-HS20も黒があまりつぶれず立体感があります。

明暗のコントラストを比較する

暗い時の階調と明るい時の階調、そして黒と白がどれだけ差があるのか、つまりコントラスト性能の比較です。

DLA-HD350とVPL-HS20の比較画像

マウスを乗せる前がDLA-HD350でマウスを乗せるとVPL-HS20です

やはりネイティブコントラスト3万:1はものすごいです!!黒レベル白レベルともにDLA-HD350の方が、黒は黒く、白は白く表現できてます。また色がつぶれる事もなくきれいな階調が表現できてます。うーん、、、DLA-HD350恐るべしですな。

明るいシーンでの人物比較

ここからバーティカルリミットを使っての、人物表現チェックです。映画って人物が主役なんで背景はきれいでも人物を忠実に表現できてないと話になりません。いったいどんなもんでしょう。

DLA-HD350とVPL-HS20の比較画像

マウスを乗せる前がDLA-HD350でマウスを乗せるとVPL-HS20です

好みの問題もあるんでどっちがいいとは言えないかもしれませんが、たぶん・・・DLA-HD350の方が自然な映像なのでしょうね。人物を見るとわかりますがVPL-HS20は顔が白っぽい、悪くいうと血が通ってない印象をうけますが、DLA-HD350の映像は、顔が少し赤っぽく雪山で雪焼けした黒さ、隣の女の子はチークか寒さによるものがわかりませんが、ほっぺの赤みがよく表現できているかと。よくいうと生きているっていう感じが伝わってきますねー

暗いシーンでの人物比較

映画っていうと、暗いシーンが意外と多くを占めるものです。つ・ま・り・暗いシーンでの表現力ってむちゃくちゃ大事なんですよね。

DLA-HD350とVPL-HS20の比較画像

マウスを乗せる前がDLA-HD350でマウスを乗せるとVPL-HS20です

わたくしのカメラ設定のミスでDLA-HD350の黒がつぶれ気味になってしまいましたっ!!すんません。

まぁその部分は、お気になさらず見てみてください。液晶は黒レベルを上げているせいか、暗い部分はよくみえてるんですが、ちょっと立体感にかけてます。また人物も顔も全体的に緑がかかったような感じで、わるくいうとゾンビちゃんなのかもしれません。しかしDLA-HD350は、暗めのシーンでも人物が生きています。顔の凹凸などもよくわかり立体感がありますね。今回の画質設定だと赤がちょい強くでてるかな?って感じなんで映画を見るときはもう少しだけ色を弱くした方がいいのかも。

まとめ

5年という月日がもたらした、テクノロジーの進化は目覚しいもので、ここまで画質がよくなるものなのかと驚きを隠せません。もう5年たつとプロジェクターっつうものはどういう進化を遂げていることでしょうか。

本題に戻りまして、やはりDLA-HD350はすごいプロジェクターだっていう事を再認識できました。今回の画質比較をしてホントに買ってよかったと、切に思います。

これからもプロジェクターは進化を遂げていくんでしょう。楽しみで仕方がありません。さてDLA-HD350の比較実験はこれだけでは終わりませんよ★次は、前回のもっともインパクトがあったプロジェクターではないでしょうか。そうVPL-VW60との画質比較をしてみたいと思います。こうご期待!!

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google