プロジェクター設置前の下準備

プロジェクター設置前の下準備とは、新築、改築でない場合、もしくは新築、改築で失敗しちゃった場合に行います。ちなみに私は後者の方ですが。

ケーブルと電源の準備

以前にちょっと書いたんですが→「ホームシアター作り失敗かも」プロジェクターの位置を失敗しました。そこでプロジェクター設置場所まで映像ケーブルと電源の準備をしないといけません。

そこで今回は、映像ケーブルをプロジェクターの位置まで引っ張って、そして電源を増設するというすごい手間な作業をしてみたいと思います。

ケーブル引き込みと電源増設にかかった費用
350円
  • 電源コード2m 120円
  • コンセント 100円円
  • その他プレートなど 130円

電気工事の作業は、電気工事の資格が必要なので一般の方は工事する事ができません。ご注意!!

壁面にプレート設置のための印つけ

まずプレートを取り付けるため(ここから電線とHDMIケーブルが通る)定規で印付けを行います。

穴を空けるための寸法をはかる

印付けくらいは簡単ですねーただ書くだけですから

さて次は穴あけ作業です。

穴を空ける

ちょっと穴の空け方が間違っている気もしますが、最初にドリルで穴を空けまくります。

ドリルで穴あけ

そして次にちっちゃなノコギリ?でカットです。

穴あけ完了

うーん意外にうまくいきました。

ここからが大変っす。電源とHDMIケーブルをプロジェクター設置予定のこの空けた穴まで引いてこないといけません。無事に引いてこれるのか!?

HDMIケーブルと電源を引いてくる

これが一番の問題です… あっちなみに穴を空ける前にこれを確認しないとだめですよ。絶対無理な場合もあるからね。

さて調べてみると、電源自体は近くにあったので難なくクリア!!問題はHDMIケーブルです。このHDMIケーブルを「プレーヤー⇔プロジェクター」まで引っ張らないといけません。こういう時に活躍するのがこれです。
通線ワイヤー 4200円

これを使って、スルスルーっと壁裏を通してケーブルを引っ張ってくるというわけです。若干(かなり)苦戦しつつもHDMIケーブルを通すことに成功です!

電線とHDMIケーブルを通す

たぶんできるとは思ってましたが無事にできてよかったぁー

カバーを取り付ける

HDMIケーブルを通すことができたらあとは簡単。プレートと取り付けるだけ

取り付け完了

この通りビクトリーな完成です。

はぁやっと終わったぁー

ようやくプロジェクター設置のための下準備が終わりました。プロジェクター設置のための下準備にかかった時間、およそ1時間半…疲れたぜー

ようやくプロジェクターの設置ができる

■Ads By Google - PR -

ホームシアタールーム完成まで

ホームシアター役立ちグッズ

ホームシアタールーム作りを考える

ホームシアターを作ろう

ホームシアターを1から作る

ホームシアターその後


Google